薬剤師が退職届けを提出するまでにやっておきべき手続きとは?

何の仕事をしているにしても、いつかは退職をしなければならなくなります。そして、退職する時には必ず退職届が必要になります。この退職届をどのように出すかによって、円満退社することが出来たり、出来なかったりするので、この方法をしっかりと学んでおくことが大切になります。
さて、それではどのように退職の手続きをしていったらいいのでしょうか?今回は「薬剤師」をケースに考えていきます。ただ、「薬剤師」だからと言って何か特別、退職に必要なことがあるわけではなく、一般的な方法で問題ないです。ただ「薬剤師」の場合、ちょっと違うところもあるのでご紹介していきます。

 

それでは、まずどのようなステップで退職の手続きをしていくのでしょうか?
これは退職する理由にもよるのですが一般的には以下のような順番で退職をします。

 

  1. 上司に相談する(退職理由の説明など)
  2. 実際の退職日を決定する(約1カ月前には相談する)
  3. 退職日までに引き継ぎと手続きを終わらせる(白衣の返却など)

 

このようなステップで行われていきます。特に退職するには上司に相談することが一番大切になります。それというのも、退職のための手続きは企業や職場ごとに違うため、その方法を確認しなければならないからです。また退職届の書き方をどうしたらいいか分からなければ、上司に相談したり、人事に相談することが大切になるのです。また「薬剤師」の場合はその専門性のため職場によって必要事項が違う場合もあるため、それも相談することで確認が出来るのです。

 

このようにすると比較的円満退職しやすくなります。もちろん、相談によっては上司から引きとめられることもあると思います。けれども大切なのは上司の言葉ではなく、あなたが自分自身の人生を決定していくことなのです。