気になる薬剤師の退職金の平均相場に迫る!

薬剤師の退職金の相場とは?

一生懸命働いていたのならば、その後の退職金って非常に気になるものですよね。もちろん、その企業によっても退職金は違いますし、勤務年数や退職理由によっても、退職金が変わってきます。

 

そのため、一概にどのくらい退職金がもらえるとは言い難いものがあります。けれども、今後働いたり、今働いているのであればその職種でどの程度退職金がもらえるかは非常に気になるものです。

 

そこで、今回は薬剤師の退職金事情について迫ってみたいと思います。そもそものイメージとして、薬剤師ってなりにくい職業ですし、専門的な職業なので非常に給料が高そうなイメージがあります。そのため、退職金も高そうなイメージがありますが、実際のところはどうなっているのでしょうか?

 

最近は退職金が減ってきている!転職も視野に入れて

薬剤師の場合、基本的には勤務年数によってその退職金が変わってきます。例えば、相場として10年程度働いていれば「約1年分」の給料に相当する退職金をもらうことが出来ます。また20年働いていれば「約3年分」、30年働いていれば、「約4.5年分」の退職金をもらうことが出来るようです。これが薬剤師の大体の相場となります。

 

けれども、最近の傾向としては退職金が減ってきているという現実があるようです。そのため、現在の給料が少ないと感じているのであれば、そのまま我慢するのではなく転職を視野に入れることも大切になってくるようです。こうしたこともあり、現在では薬剤師の転職市場が非常に活気づいてもいるのです。

 

薬剤師として一生懸命働いているのであればやっぱり退職金は沢山ほしいものですよね。ただ、その退職金に目をむけてばかりいる必要もなく、もし必要であれば転職をすることも考える必要があるようです。その勤務先に勤め続けるのもあなた次第です。また、もっと素晴らしい生活を手に入れるのもあなたの行動次第になるのです。

薬剤師を辞める時の退職理由は?

 

薬剤師の退職理由で多いのは?

仕事をしているとどうしても辞めたいと感じることがあると思います。その理由で一番多いのが人間関係が上手くいかないためというのがあります。それはどのような職種であっても同じようにあるものです。

 

ただ、それが専門的な職種になればなるほど、顕著になります。そのため、今回は「薬剤師」がどうして退職をしたくなるのか。その理由について迫っていきたいと思います。

 

一口に「薬剤師」といっても、その働き口は様々な場所になります。例えば、調剤薬局や企業、病院といった感じで分けることが出来るようになっているのです。そして、働く場所が違えばそこで感じる不満は股変わってくるものです。そのため、それぞれの場所でどのように不満を感じるのか見て、退職理由を見ていくこととしましょう。

 

薬剤師特有の理由から人間関係まで退職理由は様々

まず、全体として共通する部分は、冒頭でも言った通り人間関係があります。このほか、調剤薬局であればその職場で責任者になることが辛かったり、残業代が付かないと言った不満が退職理由になっています。
また、企業で言えば「薬剤師」の立場は非常に弱くなっているため、肩身が狭くまた給料が少ないと言った不満から退職することが多くなっているのです。さらに、医療現場の場合は不定期に働くことが多く、それが過度の労働になって体調を崩し辞めていくという理由が多くなっています。

 

したがって、「薬剤師」の場合、その専門性が高いがゆえに、それが逆に足かせとなり辞めていく原因となっているのです。そのため、辞める理由もさることながら、再就職先ではどういった不満が出るのかを考えながら、退職理由を考える必要があるのです。

 

「薬剤師」として働いていれば、ほとんどの場合、辞めたいと感じることがあると思います。あなたが本当に辞めたいと感じて、辞めるのであればだれも文句は言えないのです。大事なことはあなた自身が決めることなのです。

 

薬剤師の転職に必要なことは!?

、働いているのであればその職場に満足することもあるでしょうし、不満に思うこともあるでしょう。例えば、お客さんに感謝されるようなことや昇進があれば嬉しいですし、人間関係が芳しくないようであれば不満に感じることがあるでしょう。そして、あまりにも不満があると人はその職場から離れて転職しようと考えるものです。

 

今回は、薬剤師に焦点を絞って、どのように転職、再就職をしたらいいのかについて考えてきたいと思います。まず、薬剤師の転職事情について簡単に説明すると、現在薬剤師は不足気味になっています。そのため、雇う側に比べて働き手に分があるというのが現在の転職事情になります。この点を踏まえて、どのように再就職すべきかを考えましょう。

 

薬剤師の転職にも転職サイトの利用がおすすめ

薬剤師の転職事情は?

まず、第一に必要なこととして、なぜ再就職したいのかという点が大切になります。これは現在、薬剤師として働いている人であれば、辞める動機が重要になります。
また働いていない人は、働くことによって何を得たいのかが重要な動機になるのです。この点が非常に重要になるのです。このなぜ再就職したいのかが明確でないとどんな転職もうまくいかなくなります。

 

そして、この動機が明確になると、残るはどのように再就職するかという方法論になります。その方法は、例えば「転職サイト」を利用したり、「知り合いのつてを使う」といった方法があります。またハローワークといった公共施設を使うことによって再就職先を見つける方法があります。

 

ただし、必ずしも再就職先があなたの希望通りの条件に当てはまるとは限りません。
そのため、あなたの中に絶対に譲れないものと譲歩できるものを分けて、再就職することが大事になるのです。このようにすると、再就職をしてもその勤務先に行くことによる失敗を防ぐことが出来るようになるのです。